デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

ズーム機能、RAWデータ

・ズーム機能
カメラに映る範囲のことを「画角」といい、ズーム機能とは、レンズの焦点距離を変えることによって、この画角を変更する機能です。
ズームの倍率は、最大某園児の焦点距離を最大広角時の焦点距離で割った数値で表し、標準より画角を広げることを「広角ズーム」、逆に画角を狭めて遠くのものを大きく写すことを「望遠ズーム」といいます。

・ズーム機能の種類
最大望遠時の焦点距離を変えることで行う「光学ズーム」の他に画像をデジタル処理によって拡大する「デジタルズーム」などが、デジタルビデオカメラが搭載しているズーム機能です。
一般的機種では、デジタルカメラの多くは、3倍程度の光学ズームと4倍程度のデジタルズームをそなえており、デジタルビデオカメラは、10~12倍の光学ズームと12~25倍のデジタルズームをそなえています。

・デジタルズームの注意
光学ズームは、レンズの焦点距離を変えることでズームを行うため、被写体を拡大しても画像は劣化しませんが、デジタルズームは、画像の一部を拡大することで、結果的に画素数が少なくなり、画像が荒くなってしまいます。

・広角ズーム
遠近感のある画像を撮るためには、広角ズームのレンズの焦点距離を標準より短くし広い範囲にピントを合わせ、遠くのものは小さく、近くのものは大きく写ります。

・望遠ズーム
望遠ズームとはレンズの焦点距離を標準より長くすることです。
望遠にすることで遠くのものを大きく写せる他に、ピントが合う範囲が狭くなるので背景をぼかして被写体を引き立たせて映像を撮ることができるようになります。

・RAWデータ
デジタルカメラの映像素子がとらえた画像を、そのまま何の加工も施さずに記録したデータをRAWデータといい「生のデータ」という意味です。
RAWデータの記録に対応しているのは、デジタル一眼レフモデルの他、一部のコンパクトモデルです。

・RAWデータの広まり
あらかじめ指定した解像度や画質、ホワイトバランスなどに応じて加工され、JPEGなどの画像フォーマットに変換されるのが、通常のデジタルカメラで撮影した写真です。
その過程でどうしても画質が劣化するうえに、フォトレタッチソフトで補正や加工を行うと、画質は更に劣化してしまうので、最近ではプロのカメラマンなど画質にこだわる人を中心に、RAWデータの利用が広まっています。

・RAWデータの加工「現像」
画質の劣化を最小限に抑えるには、撮影後の写真をRAWデータに記録して、目的に応じて解像度やホワイトバランス、画像フォーマットなどを変換します。
RAWデータを加工すること(RGBに変換すること)を「現像」といい、デジタルカメラに付属の専用ソフトなどを利用します。

・RAWデータの注意
撮影時には残りの撮影可能な枚数に注意しなければ、RAWデータはファイルサイズが非常に大きく、1枚あたり8MB以上で800万画素にもなります。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ デジタルカメラ ズーム機能、RAWデータ