デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

液晶テレビとプラズマテレビの比較

・液晶テレビ
パソコンのディスプレイなどでおなじみの液晶パネルを利用している液晶テレビは、省エネ向きで消費電力がブラウン管の6~7割と少なく、液晶の寿命は約6万時間と長いため、コストパフォーマンスに優れているといえます。

・液晶テレビの弱み
液晶テレビは構造上の問題がいくつかあり、応答速度がブラウン管やプラズマに比べて遅いため、速い動きの映像で僅かですが残像が残って見えることがあります。
また、暗い色の表示が得意でないので、黒色がややグレーがかって表示されることがあります。

・プラズマテレビ
プラズマテレビは、液晶と違い、画素そのものが発光して非常に明るく、蛍光灯に似た原理でガスの放電を利用したテレビです。
また、ブラウン管と同じ応答速度なので、早い動きにも対応可能です。

・プラズマテレビの弱み
プラズマテレビはブラウン管とほぼ同じ電力を消費し、寿命も2万時間と液晶の三分の一しかありません。また、プラズマテレビは、レシーバー型と分離型がありますので、注意して購入するようにしてください。

・レシーバー・・・ボックス型でデジタルチューナーや外部入出力端子などを備えた機器で、テレビからそれらの機能を切り離しているので、テレビ自体は薄型になりますが、レシーバーの設置場所が必要となります。

・応答速度
画素が消えた状態から点灯するまでに要する時間のことで、単位はミリ秒です。
この数字が小さいほど残像が出にくくなり、高級液晶テレビでは、オーバードライブという技術で応答速度を速めているものもあります。

・液晶・プラズマ比較表

          プラズマテレビ          液晶テレビ

重さ     ブラウン管の半分程度   ブラウン管の三分の一程度
色の表現  明るく鮮明          暗い部分がグレーに見える
                         ことがある
視野角   どの方向から見ても     正面以外ではやや見にくい
        よく見える
応答速度  ブラウン管並み       改造されてきたがやや遅い
消費電力  ブラウン管並み       ブラウン管の6~7割程度
耐用時間  約2万時間          約6万時間

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ デジタルテレビ 液晶テレビとプラズマテレビの比較