デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

アスペクト比とハイビジョン

・アスペクト比
アスペクト比とは、画面の横と縦の比率のことです。
テレビのカタログなどで、4:3や16:9といった比率を目にしますが、普通のテレビやパソコンのモニタは4:3、ワイドテレビは16:9になっています。

・アスペクト比の規格
現在放送されている地上アナログ放送は4:3で放送されているために、ワイドテレビで受信すると、左右に黒い帯が表示されるか、16:9に調整して表示されます。
地上デジタル放送は16:9で放送されているため、ワイドテレビではきれいにおさまりますが、普通のテレビは上下に黒い帯が表示されます。

・アスペクト比に対応
映画など市販のDVDソフトには、裏面にアスペクト比が書かれていますが、テレビがそのアスペクト比に対応していれば、そのままのアスペクト比で再生されます。

・スクイーズ収録
最近のDVDでは、スクイーズ収録という手法で記録されたものが増えていますが、これは無駄な黒い帯の部分がなくなるため、従来の方式と比べて、より細かな映像になります。
スクイーズ収録は16:9やシネスコサイズなど、横長の映像を縦に圧縮して収録し、再生の時に元の比率に戻されます。
この映像を4:3の普通のテレビで再生すると、上下に黒い帯が入るレターボックスか、左右が切れるパン&スキャンで表示されます。

・シネスコサイズ
主にアメリカの映画に使用されている1:2.35の横長の画面比率で、シネマスコープサイズの略です。

・パン&スキャン
アスペクト比の合わない映像を表示するための方式で、レターボックスが上下に帯を入れるのに対し、パン&スキャンは4:3で入る中心部分だけを表示し左右の映像を表示しない方式です。

・ハイビジョン
ハイビジョン放送を視聴するには、ハイビジョンテレビが必要になりますが、現行の地上アナログ放送よりも走査線を増やすことで、高画質の映像を実現しています。
具体的には、アナログ放送の525本に対して、1,125本以上もの走査線がハイビジョンには使われています。
日本では、NHKがBSアナログハイビジョン放送を開始し、その後BSデジタル放送の開始によってデジタルハイビジョン放送が始まりました。

・ハイビジョンの実際
現在はアナログ放送用機材をデジタルハイビジョン放送用に入れ替えている時期のため、現行機材で撮影したものをハイビジョンに変換して放送しているケースもありますが、BSハイビジョン放送は、BS-1とBS-2とは違う独自の番組を放送しています。
地上デジタル放送は、従来のアナログ放送と同じ番組をハイビジョンで放送しています。

・ハイビジョン録画
最近人気のデジタルチューナー内蔵DVDレコーダーでは、ハイビジョンの信号を圧縮して記録しているため、そのままの画質で録画することが出来ません。
ハイビジョン放送をそのままの画質で録画できるのは、高画質モードに対応したD-VHSか、次世代DVD搭載型レコーダーです。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ デジタルテレビ アスペクト比とハイビジョン