デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

HDMI端子、コンポジット端子、S端子、コンポーネント端子

・HDMI端子
HDMIはパソコンのディスプレイで採用されているDVI規格をもとに作られたインターフェースです。
HDMI端子はデジタルテレビやDVDレコーダーなどがそなえている端子で、映像と音声が1本のケーブルにまとまっていて、端子も小さく作られています。

・HDMI端子の特徴
最大の特徴は、HDMI端子を利用すると、最初から最後までデジタル信号で伝送されるので、完全にデジタルな状態で表示することができます。つまり、デジタル信号をデジタルのまま伝えるということです。
デジタル放送をテレビに表示する際に、コンポーネント端子や、D端子などのアナログ端子を利用すると、受信したデジタル信号を1度アナログに変換して伝送し、テレビの方でもう1度デジタル信号に変換して表示されてしまうからです。

・HDMI端子とDVI端子
HDMI端子は、DVIを基に作られた規格で、変換コネクタを使ってDVI端子を備えたディスプレイやデジタルテレビに接続することができます。

・HDMI端子の注意
HDMIまたはDVIで使われるデジタルデータには、著作権保護機能(HDCP)が利用されています。
パソコン用のディスプレイなどではこの機能が省略されていることが多く、その場合は変換コネクタを利用しても接続することはできません。

・変換コネクタ・・・異なる端子同士をケーブルでつなぐために、端子のカタチを変えるためのコネクタ。信号が劣化する場合もあるので注意が必要です。

・HDCP・・・出力側で暗号化されたものを入力側で復号化するしくみになっていて、HDMIまたはDVIで使われるデジタルデータの著作権保護機能のことです。

・コンポジット端子
殆どのAV端子に採用されているRCA端子ともいわれるコンポジット端子は、映像が黄色、音声が赤と白に色分けされたピン状の端子です。
輝度信号と色信号を1本で伝送しているため、文字などの部部ににじみが出てしまう欠点があります。
デジタル対応の高級機種などでは廃止される傾向で、今後はなくなっていくといわれています。

・S端子
S1とS2があるS端子は、輝度信号と色信号を分けて伝送するため、コンポジット端子と比べてより鮮明な画像を伝えることができます。
S2ではアスペクト比の情報を伝えることができますが、アナログ放送用に作られた規格のために情報伝達量は少なく、デジタル放送が主流になってきた昨今ではD端子などに切り替わってきました。

・コンポーネント端子
コンポーネント端子は、3本のケーブルで伝送し、D端子は1本という違いはありますが、同じ信号を伝送しています。
一般的には緑・青・赤の端子になっています。色信号を分離しているため相互干渉がなく鮮明な映像を見ることができます。
D端子と違うところは、アスペクト比の情報を伝送できない点です。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ デジタルテレビ HDMI端子、コンポジット端子、S端子、コンポーネント端子