デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

VideoモードとVRモード、CPRM

・VideoモードとVRモード
DVDメディアに映像を書き込む際のフォーマットには、「Videoモード」と「VRモード」の2種類があり、それぞれ目的にあわせて使い分けています。

・Videoモード
Videoモードは市販されているDVDソフトで使われているフォーマットで、どのDVDプレーヤーでも再生が可能です。
ドルビーデジタル・マルチアングルに対応しており、DVD-Rに保存する場合、このVideoモードで録画されます。

・マルチアングル・・・対応しているDVDソフトは少ないのですが、ゴルフの素振りや、コンサートの映像などに利用されている複数のカメラから撮影した映像を、ユーザーが自由に切り替えてみることができる機能。

・VRモード
VRモードは、映像の編集が簡単で、残った容量で続けて録画することもできる。Video Recoedingの略で、リアルタイム録画対応したフォーマットで、書き換え可能型DVDメディアで利用されています。
DVD-RW、DVD-RAMとDVD+RWとでは同じVRモードでも違いがあり、DVD-RW、DVD-RAMはVRモードに対応したプレーヤーでないと再生できないのに対し、DVD+RWはメディアに対応しているだけでほぼ再生が出来ます。
最近ではDVD-RにVRモードで録画できるハイブリッドレコーダーもあります。

・Videoモードの注意
VideoモードはCPRMに対応していないので、デジタルテレビ放送のコピーワンス番組をDVDにムーブしたいときは、VRモードで録画する必要があります。

・VideoモードとVRモードの違い
             Videoモード  VRモード  VRモード
                       (DVD-RW) (DVD+RW)
メニューの有無       ○       ×       ×
映像の追加         ×       ○       ○
映像の削除         ×       ○       ○
映像の断片保存      ×       ○       ○
CPRM対応          ×       ○       ×
映像形式           すべて MPEG2・MPEG1
DVDプレーヤーでの再生 ○       ○       ○
パソコンでの再生      ○   ソフトによっては× ○

・CPRM
CPRMは、主にデジタル放送で使用されている著作権保護技術のことで、最近のハイブリッドレコーダーには、CPRMに対応した製品が増えています。
また、DVDメディアでもパッケージにCPRM対応と書かれたものが登場しました。
CPRMは、機器とメディアの両方が対応していなければ利用できません。

・CPRMの種類
これまでCPRMに対応したDVDメディアは、DVD-RAMとDVD-RWの2種類だけでしたが、最近、CPRMに対応したDVD-Rも登場しました。

・CPRM対応の今後
2004年4月にデジタル放送がすべてコピーワンスになったことから、ダビングが不可能になりました。
デジタル放送をDVDに記録するためには、まずCPRM対応のハイブリッドレコーダーに録画し、CPRM対応のDVDメディアにムーブするしか方法はありません。
また、CPRM対応したプレーヤーが無ければ、再生も出来ないようになっています。

・CPRMの注意
DVDメディアへのムーブは停電などのアクシデントがあると復活できない場合があります。
これは、記録しながらハードディスクの内容を消去しているためで、一度DVDメディアに記録した番組をハードディスクへ戻すことも出来ません。

・ムーブ・・・データを移動することの意味で、下のデータが残るコピーに対して、ムー部では、つねに1つのデータしか存在しません。ムーブを行うと、ハードディスク上のデータは自動的に削除されます。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ ハイブリッドレコーダー VideoモードとVRモード、CPRM