デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

ワイヤレスLAN

・ワイヤレスLAN
無線LANともいわれるワイヤレスLANですが、ケーブルを使わずにネットワークを構築することが出来ます。
現在、よく使用されている規格はIEEE 802.11a、IEEE 802.11b、IEEE 802.11gの3種類です。

・IEEE 802.11aの規格
周波数          5GHz
通信速度        54Mbps
製品価格        高い
最大通信距離(屋内)  約80m
最大通信距離(屋外)  使用不可
電波透過性       ×

・IEEE 802.11bの規格
周波数          2.4GHz
通信速度        11Mbps
製品価格        安い
最大通信距離(屋内)  約100m
最大通信距離(屋外)  約300m
電波透過性       ○

・IEEE 802.11gの規格
周波数          2.4GHz
通信速度        54Mbps
製品価格        高い
最大通信距離(屋内)  約100m
最大通信距離(屋外)  約300m
電波透過性       ○

・ワイヤレスLANの種類
カタログの仕様一覧に書かれているもので、「デュアルモード」なら802.11bと802.11gに対応しており、「トリプルワイヤレスLAN」とあれば3種類すべての規格に対応しています。
確認して欲しいのは、ルータ側とアダプタ側とで同じ規格が使えないと接続できないので注意してください。

・ワイヤレスLANの注意
ノートパソコンの多くは最初から内蔵しているのでアダプタは必要ありませんが、ワイヤレスLANを構築するためには、ワイヤレスLAN対応のルータを設置し、パソコンにワイヤレスLANアダプタを接続する必要があります。

・ワイヤレスLANで選ぶ
外出先のホットスポットなどでノートパソコンを利用したい場合は、トリプルワイヤレスLANを搭載した機種を選択しておけばいいでしょう。
また、Super AGという転送公立を高める技術を搭載したパソコンも市販されるようになりました。

・ホットスポット
ホットスポットは、喫茶店やホテルのロビー、空港などに多く設置されていて、有料と無料のものがあります。屋外でモバイルPCをインターネットに接続できる無線LANサービスのことです。

・Sper AG
Atheeros Communicationが開発した無線の実効速度を向上させる技術で、対応した機器同士を接続することで、IEEE 802.11a とIEEE 802.11gでの実効速度が向上します。
通信状態やパソコンの環境によってどれだけ速度が上がるか変わってきます。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ インターフェース ワイヤレスLAN