デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

メモリカードスロット

・メモリカードスロット
デジタルカメラなどで利用されるメモリカードを直接パソコンに挿入して、データを読み込めるスロットを、メモリーカードスロットといいます。

・メモリカードスロットの種類
主なものに、SDメモリーカード、コンパクトフラッシュ、xDピクチャーカード、メモリースティックなどがありますが、それぞれ形状が違うため、対応したメモリカードスロットでなければ挿入することが出来ません。

・メモリカードスロットの特徴
2種類から4種類のメモリカードに対応しているので、どのメモリカードに対応しているか確認が必要です。
同じメーカーのパソコンなら対応メモリカードは統一されていることが多く、最近のパソコンは、複数のメモリカードに対応したスロットが搭載されていることも多いようです。

・メモリカードの注意点
ソニーのVAIOシリーズの下位機種はメモリースティックにしか対応していないものがありますし、まったくメモリカードスロットのないパソコンもあるので注意が必要です。
この場合、メモリカードリーダーを利用することで解決できますが、それぞれ専用の製品もありますが、複数のメモリカードに対応した製品を購入することをお勧めします。

・メモリカードとは
データを読み込むには、それぞれ対応したスロットに挿入しなければなりませんが、さまざまな規格があり、規格ごとに転送速度や容量が異なる、フラッシュメモリなどを利用した、小型の記憶媒体です。

・メモリカードリーダー
USBポートなどに接続して利用する、パソコンでメモリカードを読み込むためのアダプタのことです。
最近では、複数のメモリカードに対応したタイプが一般的です。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ インターフェース メモリカードスロット