デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

ディスプレイ出力とオーディオ出力

・ディスプレイ出力
デスクトップパソコンで一般的に使われているのは、以前から利用されていてほとんどの機種に接続できる、mini D.sub15ピンといわれるコネクタです。主にパソコンとCRTディスプレイを接続するために使われます。
パソコンはディスプレイだけでなく、家庭用の液晶テレビにも接続可能です。HDMI端子がある場合、DVI-D とHDMIの変換ケーブルを介して接続でき、大画面でパソコン画像を見たいときなどに有効です。

・ディスプレイ出力の特徴
最近は、液晶ディスプレイとパソコンの接続にDVIコネクタが使われるようになりました。
これはDVIがデジタル信号が劣化しないため、途中でアナログ好感を行う従来のmini D-sub15ピンより、鮮明な画質が得られるからです。

・ディスプレイ出力の種類
DVIには3つあり、デジタル用のDVD-D、アナログ用のDVI-A、両用のDVI-Iですが、一般的にDVIといった場合はDVD-Dのことです。
mini D.sub15ピンとDVIの両方がついているディスプレイの場合、多くはDVI-Dコネクタがついています。

・DVI
液晶ディスプレイに利用されることが多く、パソコンから直接デジタル信号が送れるので信号の劣化が発生しない、パソコンとディスプレイを接続するための規格のことです。

・アナログ変換
デジタル信号をアナログ信号に交換することで、パソコンから出るデジタル信号を一度アナログ信号に変換して伝送します。この場合、画質が低下してしまいます。

・オーディオ出力
パソコンでDVDソフトを再生したり、ゲームソフトを利用する際の音声を外部のスピーカーなどに出力します。

・オーディオ出力の種類
どのパソコンにもオーディオ出力用の、ミニジャックと呼ばれるヘッドホンやスピーカーを接続できるヘッドホン端子がついています。
最近のテレビ録画やビデオ編集が得意なパソコンには光デジタルオーディオ出力(S/PDIF)という光ファイバーを使ったデジタルサウンドを伝送することができます。

・光デジタルオーディオ出力
光デジタルオーディオ出力は、例えで言えばドルビーデジタル5.1chサラウンドのサウンドデータでも、一本のケーブルで伝送することが出来るなど、1本のケーブルで複数のチャンネルのデータを伝送することが出来ます。

・ミニジャック
3種類の規格がありますが、これは直径によって違います。
3.5mmのものがミニジャックと呼ばれる左右の音声出力がひとつになったピン状の端子です。差込側をミニプラグといいます。

・S/PDIF
音声のデジタル信号を入出力するための規格で、先端が角形コネクタのタイプとピンプラグのタイプがある、Sony Philips digital Innterfaceの略です。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ インターフェース ディスプレイ出力とオーディオ出力