デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

PCIスロット、USBデバイス

・PCIスロット
パソコンを拡張するためのスロットとして急速に普及してきたPCIスロットですが、その間転送速度の向上などが図られ、現在は殆どのパソコンに採用されています。
PCIカードと呼ばれる拡張カードをPCIスロットに挿入して使用します。
PCIスロットにはさまざまなPCIカードを挿入することが出来ます。主なものに、テレビキャプチャーカードやLANカード、サウンドカードがあります。
また、ビデオカードだけは、AGPスロットという専用のスロットに挿入しなければいけません。

・PCIスロットの規格
近年では、転送速度に優れたPCI Expressが発表され、すでに一部のパソコンにはExpressスロットが採用され、今後は殆どのパソコンがPCI Expressに切り替わっていくことが予想されていますし、ビデオカード用のスロットもPCL Express 16への移行が進んでいます。

・PCI Express
PCIに代わる、パソコン拡張用インターフェースの規格で、PCIがパラレルインターフェースであったのに対して、シリアルインターフェースとなっていて、5Gbpsの最大転送速度です。

・USBデバイス
USBデバイスはUSB端子に接続できる機器のことを総称した呼び方です。
USBはホットプラグに対応しているために、パソコンの電源が入った状態で抜き差しできます。
プリンタ・イメージスキャナ・外付けハードディスク・フラッシュメモリなどがUSBデバイスの代表的なものです。

・USBデバイスの選び方
USBの外付けハードディスクを選ぶ時に注意して頂きたいのは、パスパワーに対応した製品を選ぶことをお勧めしたいと思います。
ですが、USBケーブルに流れる電流はそれほど多くなく、電力不足から起動できなかったり急に止まったりする場合がありますのでACアダプタを接続するか、ブースター付きUSBケーブルを使用して下さい。
フラッシュメモリはコネクタ部分の劣化防止のためにカバー付きの製品を選んでください。

・USBデバイスの種類
USBデバイスにはさまざまなものがありますが、代表的なもので、Webカメラなどに利用される小型のデジタルカメラや、パソコンゲームをする際に使用するコントローラなどがあります。

・変わった種類のUSBデバイス
変り種USBデバイスには、扇風機や小型のハンディ掃除機、携帯電話の充電器などたくさんの変わった製品が販売されています。

・ホットプラグ
対応した規格は、USBとIEEE 1394があるコンピュータや周辺機器の電源を入れたままの状態で接続し、そのまま使用できる機能のことをホットプラグといいます。
接続すると自動的に必要な設定を自動的にしてくれます。

・フラッシュメモリ
データの消去と書き込みを電気的に行えるROMのことをフラッシュメモリといい、電源を切ってもデータが消えないのが特徴です。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ インターフェース PCIスロット、USBデバイス