デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

DVD-RAM、録画用DVDとデータ用DVD

・DVD-RAM
DVD-RAM(ディーブイディーラム)は約10万回書き換えが可能なDVDメディアで、片面1層に4.7GB、または両面1層に9.4GB記録でき、最大5倍速での書き込みが可能です。

・DVD-RAMの種類
DVD-RAMは他のDVDメディアと違い、ディスク単体のメディア以外にケースつきのメディアがあります。
これは、片面1層のType 2と両面1層のType 4に分けられます。
ディスク単体のメディアは両面1層になっていて、ノンカートリッジと呼ばれています。

・DVD-RAMの特徴
DVD-RWとDVD+RWの書き換え回数が約1,000回であるのに対して、DVD-RAMは約10万回も書き換え可能です。もともとDVD-RAMはパソコン用に大容量の記録ディスクを制定するという目的で作られ、9.4GBという容量はこれだけです。裏面を使用するときはレコードなどのように一度取り出し、手動で裏返さなければなりません。

回転制御方式        ZCLV
書き換え可能回数    約10万回
最大記憶容量       片面 4.7GB
               両面 9.4GB
両面タイプ           あり
最大書き込み速度     5倍速
8cmディスク          あり

・DVD-RAMの注意
DVD-RAMには互換性が低いという欠点がありますが、これはDVD-RやDVD-RWといった他の規格と、記録面のフォーマット形式が違うことが原因です。
ですから、DVD-RAM対応と書かれた機種以外では再生できません。

・録画用DVDとデータ用DVD
材質や記録方法の違いはありませんが、DVDメディアでも「録画用」「データ用」「PC用」などと書かれているものがあります。
「録画用」には私的録画保証金が含まれているというだけのことです。

・録画用DVDとデータ用DVDの背景
私的録画保証金は、個人的に映像著作物を録画する際に支払われる金銭のことで、私的録音/録画保証金制度で決められています。
現在、この対照となっているのは不特定テレビ番組となっていて、記録メディアに上乗せされる形で支払われています。

・録画用DVDとデータ用DVDの注意
私的録画保証金以外に違いは無く、「データ用」と書かれたDVDメディアでも問題なくハイブリッドレコーダーで利用することが出来ます。
しかし、実勢価格も殆ど変わりませんし、著作権保護の観点からすれば「録画用」の利用をお勧めします。

・録画用DVDとデータ用DVDの今後
2006年の著作権法改正にあわせて、この私的録音/録画保証金制度は新しいシステムを導入し、将来的に廃止する見直しが図られています。
この制度が廃止されると、今後「録画用」「パソコン用」といった区別はなくなると思われます。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ DVDメディア DVD-RAM、録画用DVDとデータ用DVD