デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

デスクトップパソコン、ノートパソコン

・デスクトップパソコンについて
デスクトップの名の通り、机の上など一定の場所に設置するタイプのパソコンです。
入出力装置(ディスプレイ・キーボード・マウスなど)をケーブルで本体と接続して使用します。

・デスクトップパソコンの種類
 ・一体型
パソコン本体とディスプレイが1つになっていて、パソコンを内蔵したテレビのようなものです。

 ・タワー型
拡張性が高い縦型のケースを利用しているもので、周辺機器を増設できるスロットが多数あります。

 ・省スペース型
スリム型とも呼ばれ、場所をとらずに設置可能でオフィスなどでの利用に適しています。

・デスクトップパソコンの機能
最近のパソコンはテレビ番組を視聴でき、録画する機能も備わっています。
また、スーパーマルチドライブという録画した番組をDVDメディアにコピー、保存できます。

・デスクトップパソコン選びの注意
周辺機器を自由に組み合わせられるデスクトップパソコンですが、組み合わせによっては相性が悪いなどの理由で利用できないものもありますから、購入の際はカタログやWebサイトで対応機種を確認しましょう。

・ノートパソコンについて
気軽に持ち運べるようにしたパソコンで、薄型の液晶ディスプレイやキーボードが一体化しています。
バッテリ搭載なので、コンセントがなくても利用でき、ほとんどの機種がバッテリ駆動に適した低消費電力型CPU搭載となっています。

・ノートパソコンの種類
 ・オールインワンノート
A4サイズの本体にテレビ機能やDVDドライブなどが搭載されており、デスクトップパソコンと同じような機能を備えています。

 ・サブノート
B5サイズで機能と携帯性のバランスが取れています。最近ではDVDドライブを内蔵した製品も多くなってきました。

 ・ミニノート
A5サイズのノートパソコンで持ち歩くことを前提とした小さく軽い製品です。通常、ドライブ類は外付けの別ユニットとなり、液晶ディスプレイのサイズが小さいので、解像度も高くありません。

・ノートパソコンの目的と用途
オールインワンノートの多くは、本体にスーパーマルチドライブが内蔵されており、テレビ番組の視聴や録画機能が備わっているのでデスクトップパソコンと同じような機能を備えています。
一方、身にノートは本体とDVDドライブが分離しているので、持ち歩くのに便利な1kg前後の重さで、サブノートは、二つの中間的な存在となっています。

・ノートパソコン選びの注意
製品を選ぶ際に気をつけて頂きたいのは、目的や用途を考えてください。
ノートパソコンは、デスクトップパソコンのようにディスプレイの買い替えや、本体内に2台目のハードディスクドライブを増設することが難しくなりますので十分検討してください。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ パソコンの基本 デスクトップパソコン、ノートパソコン