デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

CPUについて

・CPUって?
CPUとは、パソコンの頭脳に相当する重要な部品で、「Central Processing Unit」の略です。
パソコンの処理能力はCPUによって決定すると言えるでしょう。

・CPUの種類
インテルの「Pentium4シリーズ」とAMDの「Athlon64シリーズ」が評価され使用されているWindouws対応パソコンのCPUです。その他には、「Celeron」、「Sempron」があり、エントリーモデルなどに搭載されています。
消費電力を抑えたモバイル版CPUはノートパソコン向けです。

・CPUの性能
処理能力は、CPUのクロック周波数の数値が高いものがあるといえるでしょう。
ただし、CPUの種類(Pentium4・Celeronなど)が異なると、クロック周波数の数値だけでは性能の比較は出来ません。
最近では「プロセッサ・ナンバ」と呼ばれる数値が製品名に付けられ、CPUの性能を感覚的に示しています。

・低消費電力型CPU
「超低電圧版」「モバイル版」ともいい、バッテリで長時間駆動できるように、消費電力を抑えたノートパソコン用のCPU。
発熱量が低く、放熱用の空間が少ないノートパソコンに向いています。

・CPUとソフト
WordやExcelなどOffice系ソフトウェアを中心に利用される場合は、現在販売されているパソコンならどれでも利用することが可能ですが、大手パソコンメーカーのパソコンはあらかじめ機能や適したCPUが選択されているので心配ないでしょう。

・クロック周波数とは?
クロック周波数とは、パソコンの各回路が処理の歩調を合わせるために信号(クロック)が、一秒間に何回発生するかを示した数値で、単位はMHz(メガヘルツ)またはGHz(ギガヘルツ)と言います。
処理を高速に行うには、この数値が高いものを選ぶと良いでしょう。

・プロセッサ・ナンバ
数値が大きいほど、CPUの性能は高く、処理能力を感覚的に示した数値です。
「Pentium4 530」「Celeron D 340」など、3桁の数値が製品名の後ろに付けられています。

・インテル製CPUの表記
 ・CPUの種類
デスクトップパソコンではPentium4、または「CeleronD」、ノートパソコンではPentiumMまたはCeleronMなどのCPUがあります。
より高性能なものは製品名に「HTテクノロジ」と表記されているものもあります。

 ・プロセッサ・ナンバ
一般的にこの数値が大きいCPUほど処理能力に優れ、性能を感覚的に表したインテル独自の指標です。

 ・クロック周波数
CPUの動作スピードを表す数値で、同種であれば数値が大きいほど処理能力があるということになります。

・AMD製CPUの表記
 ・CPUの種類
デスクトップパソコンではAthlon64、Sempronなどがあります。
ノートパソコン用のCPUでは製品の始めに「モバイル」と付き「モバイルAMD Athlon64」と表記されています。

 ・モデルナンバー
AMDのCPUは処理能力をしめす「モデルナンバー」が表記され、例の、「3200+」は、クロック周波数3.2HzのCPUと同等以上の性能があることを独自の指標で表記しています。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ パソコンの基本 CPUについて