デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

プリンターの種類、特徴

・プリンタ
パソコン上で作成した書類や写真を印刷するためのハードウェアがプリンタです。パソコンとの接続はBluetoothなどを利用して無線接続できる製品もありますが、USBケーブルを利用するのが主流です。
複合機と呼ばれる、ファクシミリやスキャナなどの機能も備えたプリンタも増えましたが、最近ではCDやDVDの表面にも印刷可能なプリンタやデジタルカメラに使われているメモリカードを挿入するだけで印刷可能なプリンタも増えています。

・Bluetooth・・・1Mbpsの速度で半径10m以内の機器と接続できる近距離用の無線通信の規格です。主にPDAやプリンタをパソコンと接続するために使われます。

・複合機・・・すべての機器を購入するより安くなり、設置面積が少なくて済む点で人気があり、プリンタやファクシミリ、スキャナ、コピー機など様々な機能を統合した製品です。

・プリンタの種類
4色から9色のカラーインクを紙に吹き付けて印刷するインクジェットプリンタと黒のトナーを紙に定着させて印刷するレーザープリンタの印刷方法の違いがあります。

・プリンタの特徴
インクジェットプリンタは一般的に安価で、デジタルカメラで撮影した写真をきれいに印刷するのに適しています。
レーザープリンタはインクジェットプリンタより高価ですが動作音が静かで鮮明な文字を高速に印刷できます。

・印刷コスト
プリンタに使用されるインクには広く使われている安価な染料インクと、一部の機種に使われていて、耐久性が高い代わりに割高な顔料インクの2種類があり、購入される際は、カタログの仕様一覧に記載されている1枚当たりの印刷コストを確認するようにしてください。
また、インクタンクが一体型の場合、予想以上にコストが高くつくこともありますので注意が必要です。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ プリンターとスキャナ プリンターの種類、特徴