デジタル家電とパソコン周辺機器

スポンサードリンク

サウンド機能とサラウンド

・サウンド機能とは
サウンド機能とは、現在市販されている殆どのパソコンに標準装備されている、パソコンに音声入力したり、音声を出力したりするための機能のことです。

・サウンド機能の種類
マザーボード上にチップの形で搭載されており、音声出力装置にミニプラグ端子や光デジタルオーディオ端子を持っており、標準的なサウンド機能として、「AC97」、その後継規格であるHigh definition Audioがあります。

・HDオーディオ(High Definition Audio)
HDオーディオは主にテレビ録画に対応したパソコンなどの中上位機種に搭載されていて、高い音質が特徴です。安価にサウンド機能を実現できるので重宝されてきたAC97に代わって利用されるようになった規格です。また、マルチチャンネルに対応しているので、ドルビーデジタルにも対応可能です。
最大サンプリングレートは、192KHz/32bit(CDは44.1 KHz/16bit)です。

・サウンドカード
サウンドカードを利用すると、標準装備の機能では満足できない場合に役立ちます。
高品質な部品を使用しているサウンドカードはPCIスロットに装着して使用しますが、ダイナミックレンジやS/N比など音質にかかわる性能が高くなっています。

・サラウンド
一般的には6本のスピーカーを利用しますが、複数のスピーカーを使用することで、臨場感のあるサウンドを実現するシステムをサラウンドといいます。

・サラウンドの種類
ドルビーデジタルの代表格はドルビーデジタルですが、フロント左右、リア左右、センターの5本のメインスピーカーと、低音部のみをカバーするサブウーファー1本で構成されています。
表記は一般的に「5.1」となります。他にも、DTSやドルビープロロジックなどがあります。

・DTS
DTSとは、DVDプレーヤーとスピーカーシステムの両方が、DTSに対応していなくてはならず、ドルビーデジタルと違って、サブウーファーを使用しません。
6本のスピーカーを使うサラウンドシステムの一つです。

・ドルビープロロジック
ドルビープロロジックは、アナログテレビ放送やビデオなどの音声でも、サラウンド再生を楽しむことができ、ふつうのステレオ音声もサラウンドとして再生できます。

・パソコンでもサラウンド
DVDビデオの音声はドルビーデジタルが標準になっているので、最近はパソコンでもDVDビデオを見ることが出来るようになりました。
臨場感ある音声を楽しむためには、パソコンの光デジタルオーディオ端子から、サラウンド対応のオーディオ機器に接続します。

・バーチャルサラウンド
バーチャルサラウンド対応しているものは、市販のDVD再生ソフトに2本のスピーカーでソフトウェアを利用してDVDを再生すると、擬似的にサラウンド効果を出します。
机上など、狭い限られた場所での利用が便利です。

スポンサードリンク
デジタル家電 TOPへ 音声 サウンド機能とサラウンド